Bフレッツの光ファイバー、ADSLならネットワークゲームが快適なプロバイダーisao.net

Bフレッツ・光ファイバー・ADSLならプロバイダーのisao.net

接続・機器の設定方法

POP Before SMTP 【Outlook Express】

設定確認メール送信手順その他

Outlook Express(Windows版)にはPOP Before SMTPの設定はありませんので、メールの送信を行う前にメールの受信操作を行いますが、まず以下の設定をご確認ください。

設定確認

1

Outlook Expressの「ツール」メニューの「オプション」を開きます。

矢印
2
「接続」タブを選択し、「送受信が終了したら切断する」にチェックが入っていない状態にします。

POP Before SMTPは、受信操作を行った端末のIPアドレス情報を保管し、受信操作から15分の間、同じIPアドレスを持つ端末からのメール送信を受付けるというものです。そのため、ダイヤルアップ接続等でインターネットに接続している場合等で受信操作の後に回線が切断されてしまうと、その後すぐに接続しなおしてもIPアドレスが変わってしまい、受信操作を行ったにも関わらず送信ができない、ということになります。そのため、このチェック欄のチェックを外します。このチェックを外した場合、送受信が済んでも自動的に回線は切断されませんので、ダイヤルアップでご利用の場合は、手動で回線を切断するようにしてください。

矢印
3

次に「送信」タブを選択し、「[送信済みアイテム]に送信メッセージのコピーを保存する」にチェックが入っている状態にします。また「メッセージを直ちに送信する」にはチェックは入っていない状態にします。

「メッセージを直ちに送信する」にチェックが入っていると、メールを作成して「送信」をクリックした時点で送信メールサーバにメールが送信されます。POP Before SMTPでは、まず受信操作を行う必要がありますので、このチェック欄は外しておきます。

矢印
4

「適用」をクリック「OK」をクリックします。

メールの送信手順

1

送信するメールを作成し「送信」をクリックします。上記設定手順3により、「送信」したメールは「送信トレイ」に保存されます。

矢印
2

インターネットに接続されていることを確認しメールの受信操作を行います。「ツール」メニューの「送受信」から「全て受信」をクリックします。

矢印
3

新着メールの有無に関わらず受信が完了したら、そのままインターネットに接続されたままの状態で「ツール」メニューの「送受信」から、今度は「すべて送信」をクリックします。メールが送信されます。
受信操作から送信の操作までは15分以上をあけないでください。

その他

Outlook Expressは複数のメール設定を作成できます。複数のメール設定を作成している場合で、上記手順で「すべて受信」や「すべて送信」を選んだ際に全てのメール設定で受信や送信を行わせたくない場合には、以下の設定を行うことで「すべて受信」や「すべて送信」を選んだ際に特定の設定でのみ受信、送信が行われるようになります。

1

「ツール」メニューの「アカウント」を開き「メール」タブを選択します。

矢印
2

「すべて受信」や「すべて送信」を選んだ際に送受信が動作しないようにしたい設定を選択し「プロパティ」をクリックします。

矢印
3

「全般」タブの「メールの受信時および同期時にこのアカウントを含める」にチェックが入っていない状態にします。

上記設定を行ったメール設定でメールの送受信を行う場合は、「ツール」メニュー「送受信」から「すべて受信」や「すべて送信」ではなく、その設定名をクリックします。

▲ページトップへ

  • ISP
  • プライバシーマーク