Bフレッツの光ファイバー、ADSLならネットワークゲームが快適なプロバイダーisao.net

Bフレッツ・光ファイバー・ADSLならプロバイダーのisao.net

接続・機器の設定方法

Outlook 2000設定確認

設定確認

1

Outlook 2000を起動し「ツール」メニューの「サービス」を開きます。
※「ツール」メニューに「サービス」がない場合は「アカウント」を開きます。

矢印
2

「サービス」タブの「プロファイルにセットアップされたインフォメーションサービス」欄に表示されるメール設定の内、設定を確認するアカウントをクリックして選択し、「プロパティ」をクリックします。設定が何も表示されてない場合は「追加」をクリックし更に「インターネット電子メール」を選択し、「OKを」クリックします。その場合の手順は「新規設定」をご確認ください。
※「ツール」メニューの「アカウント」を選択した場合は、「メール」タブに表示される設定のうち、設定を確認するアカウントを選択し「プロパティ」をクリックします。設定が何も表示されていない場合は「追加」をクリックし、更に「メール」を選択します。その場合の手順は「新規設定」をご確認ください。

矢印
3

「全般」タブを選択します。ここの内容は、送信するメールに表示される内容で、送信先の相手側でも確認できます。

メールアカウント 設定の名称ですので、任意の内容を設定します。
名前 送信したメールの差出人欄に表示されます。
会社名 設定は任意です。設定すると、送信したメールにOrganization:というヘッダに表示されます。
電子メールアドレス isao.netの自分のメールアドレスを設定します。ここに設定するメールアドレスは、送信したメールの差出人のメールアドレスとして表示されます。
返信アドレス 送信したメールを受信した相手が返信操作を行った際、「電子メールアドレス」欄に設定したメールアドレスとは別のメールアドレス宛にメールが送信されるようにしたい場合に、そのメールアドレスを設定します。

矢印
4

「サーバー」タブを選択します。ここで設定したメールサーバでメールの送受信が行われます。

受信メール(POP3) 受信メールサーバを設定します。isao.netの場合、メールアドレスの@より右側が受信メールサーバ名となります。例えばあなたのメールアドレスがisaotaro@abc.isao.netの場合、abc.isao.netがここに設定されているか確認します。
送信メール(SMTP) 送信メールサーバを設定します。isao.netの場合、ご利用のメールアドレスによってサーバ名は異なります。詳しくは「メール利用設定」をご確認ください。
アカウント名 メールIDを設定します。isao.netの場合、メールアドレスの@の左側がメールIDです。例えばあなたのメールアドレスがisaotaro@abc.isao.netの場合、isaotaroがここに設定されているか確認します。
パスワード メールパスワードを設定します。なおパスワードは********のように表示されます。メールの受信の度にメールパスワードを入力する場合は、ここは空欄にしておきます。
セキュリティで保護されたパスワード認証でログオンする チェックしません。
このサーバは認証が必要 チェックします。
※メール送信時にユーザ認証をする「SMTP認証」を利用しない場合はチェックしません。
※「設定」ボタンを押して表示される「受信メールサーバー」ウィンドウでは、「ログオン情報」の「受信メールサーバーと同じ設定を利用する」が選択されているのを確認し、「OK」をクリックします。

矢印
5

「接続」タブを選択します。メールの送受信を行う際、ここで設定されている内容に応じインターネットに接続します。

LANを使って接続する ISDNの場合でもダイヤルアップルータを使う場合やADSLのルータを使う場合は、「LANを使って接続する」にチェックを入れます。アナログモデムやISDN用TAでアクセスポイントにダイヤルして接続する場合は、「電話回線を使って接続する」にチェックを入れます。

矢印
6

「セキュリティ」タブでは初期設定のまま何も設定しません。

矢印
7

「詳細設定」タブでは以下の内容を確認し「OK」をクリックします。

送信メール(SMTP) 初期設定の25のまま何も変更しません。「既定値を使用」ボタンが押せる状態の場合はクリックしてください。
※サブミッションポートを利用する場合は「25」を「587」に変更します。サブミッションポートについて詳しくは「サブミッションポート、SMTP認証」をご確認ください。
受信メール(POP3) 初期設定の110のまま何も変更しません。
このサーバはセキュリティで保護された接続(SSLが必要) 「送信メール(SMTP)」欄「受信メール(POP3)」欄の両方のこのチェック欄にはチェックを入れません。
サーバのタイムアウト 初期設定の「1分」で構いません。
次のサイズよりメッセージが大きい場合は分割する 特に理由がなければチェックしません。
サーバにメッセージのコピーを置く チェックを入れると、メールを受信した後もそのメールはメールサーバ上に残りますので、そのままにしておくとメールサーバ上のメールボックスがいっぱいになり、新規メールが受信できなくなります。ここにチェックを入れる場合は「サーバから削除する」にもチェックを入れることをお勧めします。

矢印
8

次に、「ツール」メニューの「オプション」を開き、「メール形式」タブを選択します。

メール形式 「メッセージ形式」欄のプルダウンから「テキスト形式」を選択します。「文字設定オプション」をクリックし、「送信メッセージに使用するエンコード方法」が「日本語(JIS)」、「受信メッセージに使用するエンコード方法」を「日本語(自動選択)」に設定します。


矢印
8

次に、「インターネット電子メール」タブを選択します。

インターネット電子メール 「インターネット電子メールの送信形式」欄では「MIME」を選択し、「エンコード方法」で「なし」を選択します。また「8ビットの文字をヘッダーに使用する」にはチェックを入れません。

※「インターネット電子メール」タブが表示されていない場合は、「メール設定」タブの「メッセージ形式」欄の「設定」をクリックし、「メッセージ形式」欄では「MIME」を選択し、「エンコード方式」で「なし」を選択します。また、「8ビットの文字をヘッダーに使用する」にはチェックを入れません。


テストメールの送受信(Outlook 2000)

メールソフトにメールの設定を行ったら、まず自分宛にメールを送ってみましょう。

1

Outlook 2000を起動し「メッセージの作成」ボタンをクリックするか、「ファイル」メニュー「新規作成」の「メッセージ」をクリックします。次のようなメール作成ウィンドウが開きます。

宛先 メールを送信する宛先のメールアドレスをここに入力します。ここではテストメールを自分宛に送信しますので、自分のメールアドレスを入力します。
件名 メールのタイトルを入力します。
本文入力欄 メールの本文を入力します。メールでは、半角カタカナや丸囲み文字を使うと、相手で正しく表示されない場合があります。

矢印
2

「送信」ボタンをクリックします。
※Outlook 2000を「企業/ワークグループ」モードでセットアップした場合、「送信」をクリックするとメールが送信されます。
「オプション」をクリックし「配信オプション」欄の「指定日時以降に配信」を設定した場合は、メールは「送信トレイ」に保存されます。また、「インターネットのみ」モードでセットアップし「ツール」メニュー「オプション」「メール配信」タブで「接続後直ちにメッセージを送信する」にチェックしていない場合は、メールはいったん「送信トレイ」に保存されます。
この場合、メールを送信するには次の手順に進みます。

矢印
3

「送受信」ボタンをクリックするか、「ツール」メニュー「送受信」または送受信に使用する設定名をクリックします。


矢印
4

常時接続サービスをご利用で、既にパソコンがインターネットに接続されている場合、上記操作が行われた時点でメールの送受信が行われます。インターネットを利用する度にアクセスポイントにダイヤルしている場合は、上記操作の後にダイヤルが開始されます。

矢印
5

送信が済んだら、次に受信します。再度「送受信」ボタンをクリックするか「ツール」メニューの「送受信」のいずれかをクリックします。

矢印
6

自分宛に送信したメールを受信したら、メールの内容を確認します。自分が送信したメールが、相手側でどのように表示されるかの確認です。

送信者 「新規設定」の手順3、「名前」欄に設定した内容がここに表示されます。
受信日時 このテストメールを送信した日時とこの日時が大きくかけ離れている場合、お使いのパソコンに設定している日時の設定や時間帯の設定が正しくない可能性があります。

矢印
7

次に、受信したメールに対し返信します。返信したメールを再度受信できれば、テストの終了です。メール一覧で受信したテストメールが選択された状態で「返信」ボタンをクリックするか「アクション」メニューの「返信」をクリックします。なお、「全員へ返信」をクリックした場合、差出人のメールアドレスの他に、返信元のメールの宛先となっていたメールアドレスにもメールが送信されます。

矢印
8

何か返信メールの文章を入力し「送信」をクリックします。メールの返信自体は、メール送信の場合と同じ手順です。「送信トレイ」にメールが保存されている場合は、「送受信」ボタンをクリックします。

矢印
9

送信が済んだら受信操作を行い、返信したメールが届くか確認します。返信したメールが届かない場合は、「新規設定」の手順4、「電子メールアドレス」欄に設定した自分のメールアドレスの設定が正しくありません。

▲ページトップへ

  • ISP
  • プライバシーマーク