Bフレッツの光ファイバー、ADSLならネットワークゲームが快適なプロバイダーisao.net

Bフレッツ・光ファイバー・ADSLならプロバイダーのisao.net

接続・機器の設定方法

Mail2.0設定確認

設定確認

1

Dockの「Mail」(切手のアイコン)を開きます。

Dockの「Mail」(切手のアイコン)を開きます。
矢印
2

「Mail」メニューの「環境設定」を選択します。

「Mail」メニューの「環境設定」を選択します。
矢印
3

画面の左上の「アカウント」をクリックし、左側の「アカウント」欄から、設定を確認する設定名称をクリックします。「アカウント情報」が表示されます。

アカウントの種類 「POP」と表示されていることを確認します。
説明 設定の名称です。
メールアドレス isao.netの自分のメールアドレスを設定します。ここに設定するメールアドレスは、送信したメールの差出人のメールアドレスとして表示されます。
氏名 送信したメールの差出人欄に表示されます。
受信用メールサーバ 受信メールサーバを設定します。isao.netの場合、メールアドレスの@より右側が受信メールサーバ名となります。例えばあなたのメールアドレスがisaotaro@abc.isao.netの場合、abc.isao.netがここに設定されているか確認します。
ユーザ名 メールIDを設定します。isao.netの場合、メールアドレスの@の左側がメールIDです。例えばあなたのメールアドレスがisaotaro@abc.isao.netの場合、isaotaroがここに設定されているか確認します。
パスワード メールパスワードを設定します。なおパスワードは********のように表示されますので、内容は確認できません。メールの受信のたびにメールパスワードを入力する場合は、ここは空欄にしておきます。
送信用メールサーバ(SMTP) 送信メールサーバを設定します。isao.netの場合、ご利用のメールアドレスによってここに設定するサーバ名は異なります。詳しくは「メール利用設定」をご確認ください。

画面の左上の「アカウント」をクリックし、左側の「アカウント」欄から、設定を確認する設定名称をクリックします。
矢印
4

「送信用メールサーバ(SMTP)」欄の「サーバ設定」をクリックします。

送信用メールサーバ 送信メールサーバを設定します。
サーバのポート 初期設定の25のまま何も設定しません。
※サブミッションポートを利用する場合は「25」を「587」に変更します。サブミッションポートについて詳しくは「サブミッションポート、SMTP認証」をご確認ください。
SSL(Secure Sockets Layer)を使用 チェックしません。
認証 「あり」を選択します。
ユーザ名 「認証」で「パスワード」を選択した場合はメールIDを設定します。
パスワード 「認証」で「パスワード」を選択した場合はメールパスワードを設定します。

「送信用メールサーバ(SMTP)」欄の「サーバ設定」をクリックします。
矢印
5

「詳細」を選択し、以下の内容を確認し「OK」をクリックします。

このアカウントを使用する チェックします。
新規メールを自動的に受信するときに含める チェックします。
メッセージ受信後にメッセージのコピーをサーバから取り除く 設定は任意ですが、チェックすることをお勧めします。
メッセージのサイズが 設定は任意です。不明な場合は空欄にしておきます。
アカウントディレクトリ 設定は任意です。不明の場合は何も変更しません。
ポート 110を設定します。
SSLを使用 チェックしません。
認証 「パスワード」を選択します。

「詳細」を選択し、以下の内容を確認し「OK」をクリックします。
矢印
6

クローズをクリックすると、「変更内容を保存」の案内が表示されますので「保存」をクリックします。

クローズをクリックすると、「変更内容を保存」の案内が表示されますので「保存」をクリックします。

▲ページトップへ

  • ISP
  • プライバシーマーク