Bフレッツの光ファイバー、ADSLならネットワークゲームが快適なプロバイダーisao.net

Bフレッツ・光ファイバー・ADSLならプロバイダーのisao.net

接続・機器の設定方法

25番ポートブロック(OP25B)

25番ポートブロックの実施について

迷惑メールやウィルスに感染したパソコンから自動的に送信されるウィルスメールは、isao.netのようなプロバイダーのメールサーバを利用せず、パソコンから直接送信されるケースがほとんどです。
このようなメールの送信を防ぐことを目的として、2006年6月1日より「25番ポートブロック(Outbound Port 25 Blocking)」の実施、および、2006年7月中旬よりサブミッションポート(SubmissionPort:587番)およびSMTP認証に対応いたしました。迷惑メールを送信していない、またウィルスに感染していない場合でも、お客様のご利用状況によりましては影響を受ける場合がございます。お手数をおかけし申し訳ございませんが、以下の案内をご確認の上、対応をお願いいたします。

なお、「アッカADSLコース」「イー・アクセスADSLコース」でADSLをご利用の場合、また「定額コース」「TELコミチケットコース」でダイヤルアップ接続をご利用の場合は影響ありません。

25番ポートブロック(OP25B)の影響を受けるかどうかの確認

インターネットにisao.netのログインIDを使い接続しているかどうか、isao.net以外のプロバイダー等のメールサービスを利用しているか等によって、影響を受けるかどうか異なります。以下の図でご利用状況をご確認ください。

25番ポートブロックとは

25番ポートブロック(Outbound Port 25 Blocking:頭文字からOP25Bとも表現されます)とは、メール送信(SMTP)に使われる25番のポートの利用に制限を加えるというもので、これによって迷惑メールの送信やウィルスに感染したパソコンからのウィルス送信を制限します。

サブミッションポート、SMTP認証とは

通常のメール送信では25番ポートが使われます。サブミッションポートは「587番ポート」をメール送信用にご用意するものです。OP25Bの実施によって25番ポートの利用が制限されますので、代わりに「587番ポート」をご利用いただくことでメールの送信ができるようになります。

また、SMTP認証とはメール送信時にIDとパスワードで認証するための仕組みで、SMTP Authentication(エスエムティーピーオーセンティケーション)を略しSMTP-AUTH(エスエムティーピーオース)と呼ばれることもあります。

現在OP25Bを実施しているプロバイダーをご利用で、isao.netのメールサーバを利用しメールの送信をされる場合、サブミッションポートおよびSMTP認証を設定いただくことで、メールを送信いただけます。

2007年10月以降は、isao.netで「Bフレッツ」「Bフレッツベーシック」「フレッツADSL」「フレッツISDN」で接続されている場合でも、メール送信時にはサブミッションポートおよびSMTP認証の設定が必要になります。
主なメールソフトでのサブミッションポートおよびSMTP認証の設定につきましては、「サブミッションポート、SMTP認証」をご確認ください。

▲ページトップへ

  • ISP
  • プライバシーマーク