Bフレッツの光ファイバー、ADSLならネットワークゲームが快適なプロバイダーisao.net

Bフレッツ・光ファイバー・ADSLならプロバイダーのisao.net

接続・機器の設定方法

MegaBit Gear TE4121C/TE4000

モード変更についてのご注意 ルータモードからブリッジモードへの設定変更

モード変更についてのご注意

MegaBit Gear TE4121C、MegaBit Gear TE4000のブリッジモードへのモード変更は、TA(テレフォニーアダプタ)を接続する前に行ってください。先に接続するとブリッジモードに設定変更できませんのでご注意ください。 なお、ブリッジモードに変更すると、フィルタリング機能やルーティング機能等のルータモードのモデムとしての各種機能はご利用いただけなくなります。

※設定変更にはパソコンが必要です。ゲーム機では設定変更できない場合があります。

ルータモードからブリッジモードへの設定変更

TA(テレフォニーアダプタ)を接続する前に、TE4121CまたはTE4000の設定を変更します。

1

ブラウザソフトを起動しTE4121C/TE4000の設定画面を開きます。初期設定の場合は、アドレス欄に 192.168.1.1 と入力してEnterキーを押します。ユーザ名とパスワードを聞かれますので、ユーザ名、パスワードに root と入力し「OK」ボタンをクリックします。

矢印
2

「設定の選択」画面が表示されます。画面右側の「設定の名称」欄が空欄となっている「No」の「編集する」ボタンをクリックします。

矢印
3

「基本設定」画面が表示されます。「設定の名称」欄には、Bridge と入力します。「動作モード」欄では「ブリッジ」を選択します。

矢印
4

「設定」ボタンをクリックします。

矢印
5

「引き続き接続先の設定を行ってください。」というメッセージが表示されますので、「OK」ボタンをクリックします。

矢印
6

「基本設定(接続先の設定)」画面が表示されます。「接続先の名称」欄には、Bridge と入力します。「この接続先を」欄は「使用する」を選択し「設定」ボタンをクリックします。

矢印
7

「基本設定」画面に戻ります。「基本設定」の画面下の方にある「接続先一覧」に、作成した設定「Bridge」が追加されていることを確認します。

矢印
8

画面左側のメニューの「プロトコルフィルタ」をクリックします。

矢印
9

「プロトコルフィルタ」画面が表示されます。「フィルタのモード」欄から「指定プロトコルのみを通過」を選択します。

矢印
10

「プロトコルフィルタ(定義済み)」欄の「PPPoE」にチェックを入れ、「設定」ボタンをクリックします。

矢印
11

画面左側のメニューの「設定の選択」をクリックします。「動作モード」欄が「ブリッジ」となっている設定の右側にある「使用する」ボタンをクリックします。

矢印
12

「使用する設定を変更し、機器の再起動を行います。よろしいですか?」というメッセージが表示されますので、「OK」ボタンをクリックします。

矢印
13

「機器の再起動」画面が表示され、TE4121C/TE4000が再起動します。

矢印
14

ブリッジモードへの変更が完了しました。次にNEC IV-110SNの接続を行います。

▲ページトップへ

  • ISP
  • プライバシーマーク