Bフレッツの光ファイバー、ADSLならネットワークゲームが快適なプロバイダーisao.net

Bフレッツ・光ファイバー・ADSLならプロバイダーのisao.net

接続・機器の設定方法

NEC IV110SN

NEC IV-110SNの接続について ADSLモデムのブリッジモードへの変更について機器の接続NEC IV-110SNの設定についてNEC IV-110SNの仕様

NEC IV-110SNの接続について

「NEC IV-110SN」は、イー・アクセスADSL対応コースの内、1M/1.5M/8M/プラス(12M)の各コースをご利用の方が「isao IPフォン」サービスをお使いいただく際に必要なIP電話対応機器です。

※2007年1月で新規レンタル受付は終了いたしました。

「NEC IV-110SN」に接続できるADSLモデムは、ブリッジタイプ(ブリッジモード)のADSLモデムです。イー・アクセスADSLの各コースで提供されるADSLモデムは、初期設定ではルータタイプ(ルータモード)のADSLモデムです。そのままでは「NEC IV-110SN」に接続してもご利用できませんので、まずADSLモデムをブリッジタイプ(ブリッジモード)に設定変更する必要があります。ご利用までの流れは次のようになります。

ご利用までの流れ

1

「NEC IV-110SN」を接続する前に、ADSLモデムをルータモードからブリッジモードに変更します。

矢印
2

ADSLモデムやパソコンの電源を切った状態で「NEC IV-110SN」にADSLモデム、パソコン、電話機を接続します。

矢印
3

「NEC IV-110SN」、ADSLモデム、パソコンの電源を入れます。

矢印
4

パソコンから「NEC IV-110SN」の設定画面を開き必要な設定を行います。

ADSLモデムのブリッジモードへの変更について

「isao IPフォン」をご利用いただく際に必要なTA(テレフォニーアダプタ)には、グローバルIPアドレスが割り当てられる必要があります。そのため、TAに接続するADSLモデムは、ルータタイプ(ルータモード)ではなくブリッジタイプ(ブリッジモード)である必要があります。

ADSLモデムがルータタイプ(ルータモード)の場合、ログインID、ログインパスワードの設定はADSLモデム内に設定しますが、ブリッジタイプ(ブリッジモード)の場合はADSLモデムではなくADSLモデムに接続している機器側にログインID、ログインパスワードを設定します。「isao IPフォン」をご利用の場合は、TAにログインID、ログインパスワードを設定します。なお、TAには「isao IPフォン」をご利用するためのVoIPユーザID、VoIPパスワード等も設定します。

イー・アクセスADSLの各コースで提供されるADSLモデムは初期設定ではルータモードになっていますので、TAを接続するためにはブリッジモードに設定を変更する必要があります。設定変更の手順はお使いの機種により異なります。

Aterm DR202C
MegaBit Gear TE4121C
MegaBit Gear TE4000

機器の接続

接続は、ADSLモデムをルータモードからブリッジモードに切り替えてから行ってください。
接続概要図:

接続概要図
  • スプリッタの「MODEM」ポートとADSLモデムの「ADSL回線」コネクタを電話線で繋ぎます。
  • スプリッタの「PHONE」ポートとIV-110SNの「Line」ポートを電話線で繋ぎます。
  • ADSLモデムの「Ethernet」ポートとIV-110SNの「WAN」ポートをLANケーブルで繋ぎます。
  • IV-110SNの「Phone」ポートと電話機を電話線で繋ぎます。
  • IV-110SNの「LAN」ポートとパソコンの「LAN(Ethernet)」ポートをLANケーブルで繋ぎます。なお、スプリッタやADSLモデムのポート名は機種により異なる場合があります。

NEC IV-110SNの設定

ADSLモデムをブリッジモードに設定変更した後、各機器の接続が完了したら、次の手順でIV-110SNの設定を行います。

1
ブラウザソフトを起動します。
矢印
2

アドレス欄にNEC IV-110SNのIPアドレス192.168.0.1を入力しEnterキーを押します。

矢印
3

画面に表示される「管理画面にログインします」をクリックします。

矢印
4

「ユーザ名」「パスワード」の入力ウィンドウが開きます。


初期設定では「ユーザ名」「パスワード」のどちらもuserとなっていますので、両方の入力欄に半角小文字でuserと入力し「OK」をクリックします。「ステータス情報」が表示されます。

矢印
5

画面左の「基本設定」をクリックし、更に「WAN設定」をクリックします。
それぞれの設定項目には以下の内容を設定します。

項目 内容
接続用認証ID isao.netのログインIDを設定します。
接続用認証パスワード isao.netのログインパスワードを設定します。
DNSサーバ 「自動取得」を選択します。

矢印
6

「PPP接続」をクリックします。「状態表示」欄に「PPP接続完了」と表示されれば、ADSLの接続設定は正しく行われています。

矢印
7

「状態表示」欄に「PPP接続完了」と表示され、接続が問題なければ「OK」をクリックします。

矢印
8

「変更保存とリブート」と表示されます。「継続して、その後に再起動します」を選択し「OK」をクリックします。「WAN設定」の画面に戻ります。

矢印
9

次に画面左の「IP電話設定」をクリックし、更に「電話基本設定」をクリックします。
それぞれの設定項目には以下の内容を設定します。

項目 内容
VoIPサーバ名 「会員情報ページ」の「サービス情報」タブで案内されるVoIPサーバアドレスを設定します。
サービスドメイン 「会員情報ページ」の「サービス情報」タブで案内されるドメイン名を設定します。
市外局番 IP電話用の機器を接続しているADSL回線の市外局番を設定します。引越しされた場合は、この設定の変更を忘れないようにしてください。
VoIP電話番号 「会員情報ページ」の「サービス情報」タブで案内される050で始まる電話番号を設定します。
VoIPユーザID 「会員情報ページ」の「サービス情報」タブで案内されるVoIPユーザIDを設定します。
VoIPユーザパスワード 「会員情報ページ」の「サービス情報」タブで案内されるVoIPパスワードを設定します。
ナンバーディスプレイ利用 NTTのナンバーディスプレイサービス(有料)をご利用の場合「あり」を選択します。
キャッチホン利用 NTTのキャッチホンサービス(有料)をご利用の場合「あり」を選択します。


矢印
10

各項目の設定が済んだら「OK」をクリックします。「変更保存とリブート」と表示されます。「継続して、その後に再起動します」を選択し「OK」をクリックします。

矢印
11

次に画面左の「電話詳細設定」をクリックします。
それぞれの設定項目には以下の内容を設定します。

項目 内容
プッシュ/パルス回線選択 ご利用の電話回線の種別を選択します。「自動」を選択します。
フッキング時間 初期値の「1秒」のままにします。キャッチホンでうまく切り替わらない等の問題がある場合にのみ「2秒」を選択します。
ダイヤル間隔有効時間 初期設定のままにします。ここで設定された時間以上、発信される番号の桁間の時間が開いた場合、ダイヤル終了と判断され発信が行われます。
VoIP通話中PSTN着信通知音 IP電話通話中に一般加入電話網(PSTN)の着信があった場合に、着信を知らせる信号を流すか選択できます。なお、「有効」「無効」の何れを選択した場合でも、PSTN側には話中音ではなく呼び出し音が流れます。
IP電話発信者番号通知 IP電話で発信する際に、050で始まる電話番号を相手に通知するかどうか設定できます。なお、設定に関わらず、IP電話で一般加入電話網(PSTN)に発信する場合は相手に発信者番号を通知できません。
一般電話自動再発信 IP電話で発信を行った際に何らかの理由でIP電話による通話ができなかった際に、自動的に一般加入電話網(PSTN)で自動的に同じ番号に再発信するかの設定です。
通話中VoIP着信通知音 通話中にIP電話からの着信があった場合に、着信を知らせる信号を流すか選択できます。「有効」の設定では、着信時に信号が流れ、発信元には呼び出し音が流れます。「無効」の場合は着信時に信号は流れず、発信元には話中音が流れます。
TEL-URL/SIP-URL 初期値のままにします。

矢印
12

各項目の設定が済んだら「OK」をクリックします。「変更保存とリブート」と表示されます。「設定を保存しリブートします」を選択し「OK」をクリックします。

矢印
12

「再起動中です。しばらくお待ちください。....」と表示されます。

保存した設定内容でIV-110SNが起動します。再起動後、「Status/Alarm」ランプと「PPP」ランプが緑色点滅から緑色点灯に変われば、サーバへの登録が正常に終了しています。

NEC IV-110SNランプの確認

ランプの種類 ランプのつき方 状態
Power 点灯(緑) 電源が入っています。
消灯 電源が入っていません。
Status
Alarm
点灯(緑) IP電話サービスがご利用できる状態です。
点滅(緑) IP電話サービスがご利用できない状態です。
点灯(赤) 本装置の起動時に以上が見つかりました。
消灯 IP電話サービスのご利用準備が完了していません。
PPP 点灯(緑) PPPセッションが確立しています。
点滅(緑) PPPの準備をしています。
消灯 PPP切断状態です。
ADC 消灯 機能拡張用ランプ。現在は未使用のため消灯状態です。
WAN Link/Act 点灯(緑) WAN側でデータを送受信できる状態です。
点滅(緑) WAN側でデータを送受信中です。
消灯 WAN側でデータを送受信できない状態です。
LAN Link/Act 点灯(緑) LAN側でデータを送受信できる状態です。
点滅(緑) LAN側でデータ送受信中です。
消灯 LAN側でデータを送受信できない状態です。
Phone VoIP 点灯(緑) IP-IPでの接続(通話)中です。
点滅(緑) IP電話サービスご利用の発着信中です。またはIP-PSTNでの接続(通話)中です。
消灯 IP電話サービスをご利用していません。
Hook Ring 点灯(緑) 受話器をとった状態です。
点滅(緑) 電話が着信中です。
消灯 受話器を置いた状態です。

NEC IV-110SNの仕様

インタフェース Ethernetポート WAN 10BAE-T
イーサネットポート(RJ-45)×1
準拠規格
  IEEE802.3(10BASE-T)
  IEEE802.3x(全二重通信におけるフロー制御)
全二重/半二重
  全二重/半二重サポート(自動切替)
付加機能
  呼制御プロトコル:SIP(RFC2543)
  Voice圧縮:G.711u-law、G.729.a
  Quolity of Service機能(DataよりVoice優先)
状態表示
  LED:WAN(Link/Act)
LAN 10/100BAE-TX
ファーストイーサネットポート(RJ-45)×1
準拠規格
  IEEE802.3(10BASE-T)
  IEEE802.3u(100BASE-TX)
  IEEE802.3x(全二重におけるフロー制御)
全二重/半二重
  全二重/半二重サポート(自動切替)
付加機能
  Auto Negotiation機能(10/100BASE認識)
状態表示
  LED:LAN(Link/Act)
アナログポート Line PSTN POTSポート(RJ-11)×1
Phone FXSポート(RJ11)×1
状態表示
  LED:Phone(VoIP、Hook/Ring)
  DTMF:トーン検出/発生
  Dial Pulse:10pps/20pps
  モデム/FAXトーン検出
  エコーキャンセル方式:G.165/G.168
ネットワーク
プロトコル
・TCP/IP、UDP、ARP、ICMP、HTTP、RIP1/RIP2、UPnP
・DHCP:動的ホスト構成プロトコルサーバ
・NAT:ネットワークアドレス変換
・PPPoE
ネットワーク
マネジメント
Webベースのグラフィカル遊佐ーインターフェース(GUI)
Consoleポート コンソール用ポート(RJ-14)×1
セキュリティ ・PAP/CHAP
・Webによる管理パスワード
・IPアドレス、ポート番号、プロトコルによるパケットフィルタ
使用電源 AC100V±10V(50/60Hz)
消費電力 12VA以下
環境条件 温度条件:0〜40℃
湿度条件:85%以下(ただし結露なきこと)
外形寸法(本体) 34mm(W)×156.6mm(D)×172mm(H)
突起部を除く
質量 約0.4Kg
認証番号 A02-0931JP

「NEC IV-110SN」のWANポート(ADSLモデム側)は、10BASE-T対応です。
通信速度の最大は10Mbpsですので、12M以上のADSLサービスをご利用で実際に10Mbps以上の速度が出ている場合でも、最大の通信速度は10Mbpsとなります。

その他「NEC IV110SN」について詳しくは、IV-110SNサポートサイトをご確認ください。

▲ページトップへ

  • ISP
  • プライバシーマーク