Bフレッツの光ファイバー、ADSLならネットワークゲームが快適なプロバイダーisao.net

Bフレッツ・光ファイバー・ADSLならプロバイダーのisao.net

接続・機器の設定方法

Bフレッツ接続設定

事前準備接続設定パソコン側の設定方法機器の設定方法

事前準備

Bフレッツに接続するには、他の接続コースのようにログインIDとログインパスワードではなく、BフレッツIDとBフレッツパスワードをご利用いただきます。

※BフレッツIDは、サインアップ完了時に発行された後、3営業日以内にご利用が可能となります。なお、「アッカADSLコース」「イー・アクセスADSLコース」「定額コース(自動継続)」「KIDSコース」をご利用の方がBフレッツコースに変更された場合で、NTTへのBフレッツ申込みの取次をisao.netにご依頼いただいた場合は、Bフレッツの開通日をisao.netにご連絡いただかないと、BフレッツIDがご利用可能となりませんのでご注意ください。

接続設定

接続ユーザ名 BフレッツID (ログインIDではありません)
接続パスワード Bフレッツパスワード (ログインパスワードではありません)
DNS(ネーム)サーバアドレス※ 自動取得でご利用ください。

※DNSを設定する場合は次の内容を設定してください。

優先DNSサーバ 211.132.255.1
代替DNSサーバ 211.132.255.17

※接続ユーザ名・接続パスワードは、すべて半角小文字で入力してください。

パソコン側の設定方法

初めてインターネットに接続するための設定を行う場合は、以下のリンク先を参考にパソコン側の設定を行ってください。設定後「機器の設定方法」に進んでください。
※以下のリンク先ページでは、DHCP機能(IPアドレスが自動的に割り当てられる機能。通常はこの機能を使います。)をご利用し接続する場合の設定をご案内しております。
すでにLANを構築されている場合は、ご利用環境に応じた設定を行ってください。
詳しい設定方法については、ご利用機器の取扱説明書をご覧ください。

機器の設定方法

「フレッツ・光プレミアム」では、NTT西日本の提供の回線終端装置(CTU)と加入者網終端装置をご利用します。

フレッツ接続ツール等PPPoEによる接続設定

設定前の注意点
フレッツ接続ツールのインストール方法やご利用方法はNTT東日本・西日本から提供される取扱説明書を確認いただき、不明点はNTT東日本・西日本へお問い合わせください。
なお、Windows Vista、Windows XPやMac OS X等のPPPoE機能を搭載しているOSをご利用の場合は、フレッツ接続ツールをインストールすることなく接続いただけます。
※フレッツ接続ツールのバージョンによっては、Windows Vistaではご利用いただけません。

ブロードバンドルータによる接続設定

NTT東日本、西日本から提供される案内に従ってブロードバンドルータをメディアコンバータかパソコンと接続した後、パソコンからブラウザソフトを使ってブロードバンドルータの設定画面を開き、接続のための設定を行います。

ご利用機種の注意点
ご利用いただけるブロードバンドルータは、「PPPoE (PPP Over Ethernet)」及び「PAP (Password Authentication Protocol)」 を設定できるものとなります。詳しい設定手順は、ご利用機種の取扱説明書をご確認ください。

▲ページトップへ

  • ISP
  • プライバシーマーク